フリーランス(個人事業主)の銀行口座(屋号口座)

〜 事業用の口座を作る 〜

 スポンサードリンク

事業用口座

フリーランス(個人事業主)として独立すると、事業用口座が必要です。

屋号を持っていないフリーランサーなら、普通の個人口座で良いのですが、その場合でも、事業専用で家事用の貯金や支払いを含めない口座を少なくとも1つは用意しておくべきでしょう。
もし今すでにある口座で、貯金用としても支払い用としてもまったく使用しなくなっている口座があるなら、それを事業用の口座とすることもできます。

報酬の受け取りや経費の支払いを銀行口座で行うときには、事業用の口座だけを使って個人的な口座は使わないようにします。
青色申告をするとき、帳簿の作成をしなければなりませんが、個人の口座では家事用の入出金と事業用の入出金がごちゃごちゃになってしまい、帳簿もすっきりしません。伝票上の残高不一致など会計上のミスが起こりやすくなります。
事業と関係ない余計な伝票入力に労力を費やすのを防ぐためにも、事業用口座は必要です。

ちなみに、口座が複数ある場合、青色申告ソフトでは口座ごとに補助科目を作成することで口座ごとの残高の計算ができるようになります。

屋号口座

事業用の口座は売上(報酬)から現金払いの経費や生活費などを引き出したりと使用頻度も高いので、場所や時間的になるべく便利な銀行を選ぶとよいでしょう。
もし、そういった銀行には既に家事用の口座があるので個人の口座を二つは作らせてもらえないという場合でも、屋号がある事業主なら、個人の口座とは別に屋号口座を開設することができます。
(銀行によっては屋号口座を作成できない場合もあります。)
法律上、口座名は屋号名だけで開くことができませんが、「屋号」+「代表者名」として口座を開くことができます。

屋号名で作成する請求書に記載する振込み先の口座名義は屋号名になっている方が自然です。屋号がある事業主なら、屋号名の入った事業用口座を開設しておくべでしょう。

屋号口座を作るときには、多くの場合、事業を行っていることの証明として開業届けが必要です。
屋号口座を作るのは、開業届けを提出した後でということになるので、そういった意味でも、開業届けは早めに提出しなければなりません。

筆者は、地元の地方銀行と楽天銀行に屋号口座を開設しています。
報酬の受け取りなどほとんどは地銀の口座を使っていますが、事業用の備品などをインターネットで(特に楽天で)購入するときに、手数料の安い楽天銀行の屋号口座を使うことが多いです。

ネット銀行は、法人口座の取扱いはしていても、営業性個人(個人事業主)の事業用口座(屋号口座)は作れないところが多いのですが、楽天銀行とジャパンネット銀行は取扱っています。

楽天銀行の個人ビジネス口座を開設すると、「かんたん決済サービス」、「大量振込機能」の利用が可能となります。

※楽天銀行は、個人口座を既に開設している人のみ個人ビジネス口座を開設することができます。
 個人口座を開いていない場合は、ビジネス口座の前に個人口座を開設する必要があります。
 → 楽天銀行 口座開設

ジャパンネット銀行の営業性個人口座では、口座名義は「屋号」+「個人名」となりますが、振込みを受け付けるときは「屋号」+「個人名」だけでなく「屋号」のみでも可能となっています。

※ジャパンネット銀行はホームページを開設していることが条件となっています。
 → ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

屋号口座開設の可否や条件は銀行ごとに異なります。
ネット銀行以外の銀行で屋号口座を開く場合は、各銀行に問合せてみましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加